広域通信制高校の特徴

通常の通信制高校はとは違い、生徒の募集を全国規模で、もしくは3つ以上の都道府県を対象として行っているものを、広域通信制高校としています。
通常は申し込み要件に「募集地域に在住していること」といった条件が科せられます。
その地域がごく狭い地域で限定されているものですが、広域であるというのが広域通信制の特徴でもあります。
それによって、運営の仕方も若干違ってきます。


<広域通信制高校のもつ特徴>

通信制高校ではスクーリングが実施されていますが、卒業にはこのスクーリングへの参加が不可欠です。
比較的狭い地域から生徒を募集しているのであれば、スクーリングのための交通費といった費用負担も小さくて済みますが、広域通信制高校であればかなり遠くまで出かけてゆかなければならないといったこともありえます。
そこでこのスクーリングの実施に際し、合宿形式をとっているものが多く見られます。
年間規定スクーリング日数を、一時期にまとめて行うのです。
それによって集団生活を体感することもできますし、人との関わりも密になります。
通学の費用負担も軽減されます。
またスクーリング会場も提携校や予備校などの協力を得て全国に設置し、本校まで行くこと無くスクーリングに参加できるようになっている学校もあります。