二度捨てられる通信制高校学習者の救済

通信制高校は全日制や定時制と違い、通学の必要はなく、学年制も採用されていません。
そのシステムの違いが、働きながら、もしくは身体に障害があるといった学習希望者の願いに応えるものとなっていました。
しかし現在では不登校に悩む子供たちや、全日制や定時制の学生生活が馴染めなかった子供たちの救済の場としても注目されるようになりました。


<通信制高校のシステムから再度捨てられるという問題>

「学習」という意味から「無駄を一切省いた」このシステムは学費の低さなども実現し、広く学習希望者の願いを叶えることが出来ているのも事実です。
しかし中学からの「不登校」や「いじめ」、「学習怠慢」、「学校に馴染めなかった」といった理由から中退者の受け皿としても期待されるようになりました。
「無駄を省いたシンプルな通信制高校のシステム」は、自分自身の努力を大いに求められます。
学習の基礎力や意思などが必要であることから、多くの学習者が挫折して卒業出来ていないというのも事実です。
「一度学習の場から見捨てられ、再度見捨てられることが心に与える影響」、これを懸念している教育者も少なくはなくはありません。
しかし公立がこの問題に深く理解を示せば、学費のアップに繋がってしまい、従来の意義を損ないます。そこで私立がこの問題点の解決に乗り出しています。