社会人も通信制高校で高卒の資格をじっくり取得しよう

通信制高校は高卒の資格取得が出来る学校で、高校を中退した方にとても多く選ばれている高校形態です。通信制なので通学を意識せずに自分のペースで自宅学習が出来ますし、体育祭や映画祭などのイベントを設けている通信制高校もあるので、そういったイベントなら出てみたいという方にもおすすめです。

そして高卒の資格が取れる通信制高校は、若い方だけに留まらず社会人になった大人の方にもとても人気なのです。


通信制高校では働いている方も学ぶことが可能

通信制高校は高校を中退した方にとても多く選ばれていますが、その学習形態は基本的に在宅で行えるものなので、働いている現役の社会人の方にも重宝されています。フルタイムで仕事をしていてもこなすことが出来るように、レポートやテストなどの要領もそこまでたっぷりと用意される訳ではありません。だからこそ仕事の間にしっかりと自分のペースを保って仕事をすることが出来れば、仕事をしながらでも簡単に通信制高校の勉強をすることが可能なのです。
現在も中学を卒業してすぐに働いているという方はとても多いです。そして中卒の資格を持っている方はそのまま通信制高校で学べば、高卒としての学歴を手に入れることが可能になります。求人情報を見てもアルバイトは高卒以上、新入社員は大卒以上など学歴を重要視する会社はとても沢山います。そのため自分がやりたいと思っている仕事に就くためには、高卒の資格がどうしても必要だという方も沢山いるのです。
そういった方にも選ばれているこの通信制高校は、その特色あるコースによって高卒の資格とともに技術を学べるというものもあるのです。


技術も一緒に学んで手に職を付けよう

通信制高校は在宅学習を基本としていますが、中にはスクーリングによって知識と共にその分野に特化した技術も学べるという学校もあります。漫画を書くコースや音楽を作るコースの他にも、体育でスポーツを学べるコースや演劇を学べるコースなど、そのコースの種類は各学校にもよりますがとても多種多様です。スクーリングも週に2日から出来るものや、土日祝日にまとめて行うものまで様々なので、会社帰りに学校に寄ったり休日を利用してスクーリングに向かったりするなどしてコースを満喫することが可能になります。
フルタイムの仕事では少々辛いコースもありますが、自分のやりたいことに向けて勉強や資格を取得するので、この際一念発起してアルバイトを行いつつ勉強をするといった点も一つの方法となります。体育系などの身体を使って授業をすることがメインになる場合は、スクーリングも多めに設定されている場合もあるので、自分の生活に合わせてコースを選択したり出来るコースのある通信制高校を見つけたりするようにしましょう。

これから社会人になる方も今まさに社会人であるという方も、高卒の資格と共に特殊な技術も身に付け、自分の手で生きていけるようにしていくことをおすすめします。

通信制高校と単位制高校の違いは?

単位制高校も、通信制高校と同じように、なんらかの悩みを抱えて全日制を中退したもしくは進学しなかったというせいとの大切な受け皿になっています。学年制ではなく単位制だということではこの二つは大変にてますが。大きな違いもあります。どちらが自分に向いているのかなどもしっかり見極めましょう。卒業を目指すのですから、自分がストレスなく続けられる学校が一番です。


<違い>

通信制高校も単位制ですが、単位制高校というときには、全日制や定時制の単位制高校のことを指します。
学年制と単位制の併用していれば学年で決められた単位数が取れなければ留年してしまいます。1単位でも足りなくても留年してまた一からやり直しということになりますので、留年になるといきなりやる気を無くしてしまう人もいます。単位制の場合には規定の単位数をとれば卒業できます。学年という概念はないのですが、通学して授業を受けなければならないという点では全日制や定時制と同様です。また殆どの学校が「何年以内に卒業しなければ除籍という規定があります。6年と規定している学校が多く見られます。こに「通学しなければならない」ということと「何年以内で卒業しなければ除籍」という2点が、通信制高校との大きな違いです。通信制では毎日通学することはありませんし、卒業までのリミットは決められていません。何年かかっても卒業することができるのです。

通信制高校の体育のスクーリングを楽しもう

通信制高校では、体育のスクーリングは他の教科と少し異なっています。人数が全体的に少ないこともあり、授業のように体操服にきがえて、校庭で実技を行うことはありません。多くの場合、体育大会や校外学習でスクーリングを行うのです。


通信制高校で遠足に行くこともある

体育の単位は、通信制高校で遠足などの企画に参加することでも利用できるそうです。このような校外学習はいろいろありますが、近くの遊戯施設で体験学習など、学校で行われる授業とは少し毛色は違うと思っていていいでしょう。体験学習の場合、費用は別途かかることも多いので、通信制高校の学費が気になるという場合には、事前に担任の先生などと相談して選びましょう。事前に振り込むものと、当日に自分が実費負担するもので変わってきます。


参加するイベントで単位も異なる

体育大会など拘束時間が長いものは単位が多く出るそうです。あまり体育などが得意ではない、仕事などをしている関係で長い時間のイベントに参加できないというケースも考えられますから、この場合は、体験学習で時間の短いものに参加、この日数などを多くするという形があるそうです。体育は参加するイベントで習得できる単位の計算なども必要なので、しっかり計画しましょう。

広域通信制高校の特徴

通常の通信制高校はとは違い、生徒の募集を全国規模で、もしくは3つ以上の都道府県を対象として行っているものを、広域通信制高校としています。
通常は申し込み要件に「募集地域に在住していること」といった条件が科せられます。
その地域がごく狭い地域で限定されているものですが、広域であるというのが広域通信制の特徴でもあります。
それによって、運営の仕方も若干違ってきます。


<広域通信制高校のもつ特徴>

通信制高校ではスクーリングが実施されていますが、卒業にはこのスクーリングへの参加が不可欠です。
比較的狭い地域から生徒を募集しているのであれば、スクーリングのための交通費といった費用負担も小さくて済みますが、広域通信制高校であればかなり遠くまで出かけてゆかなければならないといったこともありえます。
そこでこのスクーリングの実施に際し、合宿形式をとっているものが多く見られます。
年間規定スクーリング日数を、一時期にまとめて行うのです。
それによって集団生活を体感することもできますし、人との関わりも密になります。
通学の費用負担も軽減されます。
またスクーリング会場も提携校や予備校などの協力を得て全国に設置し、本校まで行くこと無くスクーリングに参加できるようになっている学校もあります。

二度捨てられる通信制高校学習者の救済

通信制高校は全日制や定時制と違い、通学の必要はなく、学年制も採用されていません。
そのシステムの違いが、働きながら、もしくは身体に障害があるといった学習希望者の願いに応えるものとなっていました。
しかし現在では不登校に悩む子供たちや、全日制や定時制の学生生活が馴染めなかった子供たちの救済の場としても注目されるようになりました。


<通信制高校のシステムから再度捨てられるという問題>

「学習」という意味から「無駄を一切省いた」このシステムは学費の低さなども実現し、広く学習希望者の願いを叶えることが出来ているのも事実です。
しかし中学からの「不登校」や「いじめ」、「学習怠慢」、「学校に馴染めなかった」といった理由から中退者の受け皿としても期待されるようになりました。
「無駄を省いたシンプルな通信制高校のシステム」は、自分自身の努力を大いに求められます。
学習の基礎力や意思などが必要であることから、多くの学習者が挫折して卒業出来ていないというのも事実です。
「一度学習の場から見捨てられ、再度見捨てられることが心に与える影響」、これを懸念している教育者も少なくはなくはありません。
しかし公立がこの問題に深く理解を示せば、学費のアップに繋がってしまい、従来の意義を損ないます。そこで私立がこの問題点の解決に乗り出しています。

通信制高校の費用について

通信制高校に通う時、気になるのが費用についてではないですか?
一体どのくらいかかるものなのか不安に思っている人もいるようですが、全日制高校に比べたら比較的お安くなっていますので、安心して下さい。
毎日通学するわけではありませんし、課題も自分で行ないますから余計な金額がかからないようになっているんです。
ただ、専門分野について学べる通信制では少々費用が高くなってしまう可能性もあるので、その点だけは気を付けて下さいね。


通信制高校での過ごし方

通信制高校は自己管理が基本になってきますから、時間やスケジュールをしっかり管理できるようになるのがいいですね。
時間にルーズな人や自分を甘やかしてしまう人は、通信制高校に向いていないと言われています。
ですから、まずはそこから始めてみるのが良いでしょう。
行動しやすいように、前もってスケジュールを立ててその通りに過ごせるかどうか試してみるのもいい方法です。


規則正しい生活を

通信制高校は毎日通学する必要が無いからと言って、毎日だらだら過ごしたり不規則に過ごすのはやめた方がいいです。
それが癖になってしまったら、何もする気力がなくなって課題もしなくなりスクーリングへ通うのも面倒だと思い始めてしまうかもしれません。
ですから、常に自分をしっかり管理していくことが重要になってきます。
毎日を規則正しく過ごすようにすれば、きっと自分の成長にも繋がっていくと思いますので、出来るだけ規則正しい生活を心がけるようにしてみて。

通信制高校のメリットについて教えて

通信制高校のメリットと言えば、やっぱり学習時間以外に自由な時間があるところですね。
ですから、課題を進める時間以外は自分の趣味とかアルバイトに費やすことができます。
将来の夢に向かって頑張っている人は、そちらに時間をあてることも出来ますからすごく助かりますよね。
また、不登校だった人や休みがちだった人も通う事が可能ですから、安心ですよね。
途中で高校を辞めてしまった人でも通う事が出来るから、もう一度勉強をやり直すことが出来ますよ。


通信制高校を卒業したい

通信制高校を卒業するには、卒業に必要な単位を取得しなければいけません。
平均で大体74~75単位必要と言われているので、その単位を取得するには、スクーリングに通って課題を提出したり、テストでいい成績を保つことが大事になってきます。
行事も出席日数に含まれるところが多くなっているので、積極的に参加していきましょう。
4年で単位を取得すればいいので、正しく真面目に過ごしている分には何も問題はないと思うので安心していいですよ。


留年はありますか?

これも多い質問ですが、基本的に通信制高校は留年と言うものは存在しません。
じゃあ、もし単位が足りなかったらどうするの?と思った人もいますよね。
足りなかった単位は、後から選択して補う事が出来るので大丈夫です。
最初からやり直すのではなくて、足りない分だけを取得すれば良いので何も不安に思う事は無いんです。
ただ、気を付けてほしいのはその通信制高校によって過ごせる年数が違うという事なので、一番最初にチェックしておくのがいいでしょう。

通信制高校で好きなことを学ぼう

最近は、専門分野について学ぶことのできる通信制高校も増えてきているようです。
どんなことについて学べるのかと言いますと、アニメやマンガ、声優や美容師などについて教えてくれる学校もあるそうなんです。
趣味がそういうものだという人や、そういったことを仕事にしたいと考えている人にはすごくいいかもしれないですね。
本来だったら、高校を卒業してから専門学校へ通いますが、通信で学ぶことが出来るのなら最初からそちらに進学する人も多くなります。


通信制高校だから時間がある

通信制高校は、学習時間以外にも自由な時間が多くあります。
なので、趣味や好きなことを持っている人はそれに時間をあてることができますし、アルバイトをしている人はその余った時間を働く時間にまわすことも出来ます。
自由な時間が沢山あるので、色々新しいことに挑戦してみるのもいいですね。
好きなことや趣味の無い人は、これを機会に何か見つけてみるのもいいかもしれません。
働きながら通っている人は、逆に課題をこなす時間を確保すればいいので、難しいことはないと思います。


具合悪い時はちゃんと休むように

通信制高校には時間が多くありますから、具合が悪くなってしまった時は、ちゃんと休むようにして次に備えるようにしましょう。
体調が悪いのに遊びに行ったり、課題を進めたりするのは良くありません。
休める時にしっかり休んで、早く元気になって課題を進めたり好きなことをするようにしましょう。
また、不規則な生活をするのも良くないので、出来るだけ規則正しい生活を送るようにしてもらえれば嬉しいです。

通信制高校の課題の進め方を教えて

通信制高校は課題を出されて、それをスクーリングで提出する必要があります。
ですから、定期的に課題を進めていく必要があります。
では、一体どのようにして進めていくのが一番良いやり方なのか気になりますよね。
一日中勉強しているのではなくて、一日大体3時間くらい課題をこなす時間にして、残りは自分の好きなことに時間を使うのが良いかもしれません。
集中力が長く続く人はそれが持続するまで進めても構いませんが、集中力が長続きする人は少ないので、3時間くらいが妥当だと思いますよ。


通信制高校の課題は参考書で解く?

通信制高校で出された課題は、そんなに難しいものではなく復習することに近いです。
でも、公式などを忘れてしまって問題が解けない時もあるかと思いますが、その時は本屋で参考書を購入して解くのが良いかもしれません。
それでも分からなかった問題は、スクーリングの時先生に質問してみるのがおすすめです。
また、サポート校へ通うというのも良い方法です。
マンツーマンで教えてくれるので、分からない問題をすぐに質問することが出来て効率もいいです。


時には気分転換を

通信制高校は家で過ごすことが多くなりますので、たまには外に出て気分転換をするのも必要です。
ぶらっと散歩してみるのもいいですし、自宅ではなくて図書館やカフェで課題を進めるというやり方もすごくいいと思いますので、ぜひお試しを。
ずっと自宅にいては身体にも良くありませんし、気分もふさぎがちになってしまいますから、外に出て外の空気を吸ったり陽の光に当たるようなことをしましょう。

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文